« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年3月24日 (土)

逆周りの秒針?

家の壁掛け時計は直径30cm位の丸型です。

セイコー製(リズム時計)なんですが、ある日突然秒針だけが逆周りをはじめました。

どうしてか良く判りませんが、今も元気に左に廻り続けています。時計の仕組みを知っている人なら当たり前の事なんですが、モーターやゼンマイのエネルギーは全て歯車を通じて長針、短針、秒針の駆動エネルギーに換えているのですよ。だから普通、中をいじらない限り歯車のひとつだけが逆転することは「ありえない」はずなんです。

珍しいのでそのままにしておりましたが、どうしても理由が知りたくてリズム時計のHP経由で質問してみました。

回答が参りまして、びっくり!知らなかったよ。

デジタル時計は中にモーターが2個入っているんだってさ。長針と短針用と秒針用なんだって。それでなんかの都合で(力を入れて止めるとか、電池が弱くなるとか・・・)モーターが逆回転を始めたのではないでしょうかという事でした。

家で見慣れているせいか、会社や町で普通の時計を見かけると「?」という感じをうけてしまいますニャン。

今度電池を入れ替えるまでそのままにしようとおもいます。でも次回変えたら普通にもどったらツマラナイナ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ