« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月21日 (日)

1月からドイツに行って来ましたニャン

1月7日(日)から2週間の予定でドイツ・シュツッツガルトにいました。
もちろんお仕事です。
この記事を書いたのは13日の土曜の昼過ぎでした。

ドイツ到着からあまり食べすぎが続いたので、町にお出かけしバーガーキング(Burger King)でハンバーガーセット(¥600)を買い、¥600の白ワインを買ってホテルで食事しながら書きました。
ワインを買ったお店の奥様から笑いながら
「このワインは最高においしいですけれど、あなたの持っている低級なハンバーガーはこれには合いませんよ」
と忠告を戴きました。
でもいいんです。ニャンコはワインの良し悪しはわかりません。ちょっとショックだったのはバーガーキングのハンバーグはとてもおいしいと思っていた点でした・・・

最近の温暖化は日本でも言われていますが、ヨーロッパは本当にもっと影響があるみたいですニャン。
滞在しているホテルの近くにネッカリバーという川があるのですが、散策中に見つけた花です。春に咲く予定の花がきれいに咲いています。

Photo_11 Photo_12

また緋寒桜は目いっぱい春の様相でした。今時分は普通なら雪が20cmは積もっているそうです。スキー場は雪が全くなくて困っているそうです。
冬休みはみんなスキーを楽しむそうですが、今年の冬はハイキングやトレッキングを楽しむほかなかったとぼやいていましたよ。

ドイツでは日中の気温が11℃から15℃位で、持ってきたコートはまったく使わない日が続いてますですよ。重い思いして持ってきたのにさ。
1週目の木曜と金曜にベルギーに行ってきました。気温は11-13℃くらいだったんですが風が強かったです。
今時は曇りがちの日が多いということでしたが、これほど強い風はあまり吹かないようです。
そのためトラックが強風で倒れたり、木々が折れたりの被害があり、市内は大変な交通渋滞でした。ドイツ国内で11名もなくなったそうです。

ドイツのお話し
ニャンの泊まったホテルはメルキュール・アコーというホテルでこじんまりしたいい感じのホテルでした。

Photo_13

ホテルはネッカリバーに沿ったところに建っていて、川まで歩いて2分位のとこでした。
前にも書きましたが、海外の植物の違いは面白いなと思います。

Photo_14

写真の木はカールがきつくてアフロヘアを思い出させるくらいです。猫はあんまり日本で見たことがありませんですニャン。時々フラワーアレンジメントで見たことがあるかな?

5分も歩くと大きな公園があります。そこにウイルヘルムⅠ世の銅像があります。私は誰だか良く知りませんが、この町の王様だったとかいてありましたニャン。

Photo_18

公園にもパンジーなどの花が咲き乱れていて、沈丁花に似た花が満開でした。若干香りは違いますが、花のつき方や木の感触は沈丁花にそっくりでした。

Photo_15

そこを通り過ぎてバッドカーンシュタット駅(Bad Cannstatt)に着くと、そこは商店街になっています。
途中で寄った本屋さんに「数独」がありました。ご存知のように数独は日本人が作り出したゲームで、世界中に広がったゲームです。

Photo_16

ヨーロッパでは非常に人気のあるゲームになっています。
その横に八百屋さんがあったのですが、なんとそこで柿を見つけました!

Photo_17

見えますか?商品名!「kaki」と書いてありますよ。1kg¥600です。
でも見た目は傷がついていて日本では見向きもされないでしょうね。ちなみにバニラ柿と書いてあります。
ドイツ人の味覚も異なるようです。

ベルギーのお話し
ベルギー・デュッセルドルフ空港には水曜の夜8時位に到着しました。シュツッツガルト空港で飛行機の火災かなにかの事故があったため出発が遅れました。
ベルギーはもちろんチョコレートで有名な国ですから、目的は仕事とチョコレートを購入することでした。
あんまりニャンがチョコレートはどこで売ってるとか騒ぐもので、うちのベルギーの社長がわざわざゴディバを買ってきてくれました。スイマセンデシタ。言ってみるものです。
ベルギーは北海に面しているため冬場は曇りがちの天気が多いそうですが、猫が滞在した2日間は強風に見舞われ、大変でした。
もう一つ気がついたのは、ベルギー料理は非常においしいということです。日本人にあった味覚だなと思いますたニャン。

写真は猫が戴いた「シュリンプのアピタイザー」と「蒸し鯛の溶かしバター掛け」です。

Photo_19 Photo_20

鯛の方は写真を撮る前にいただいてしまい、あわてて写真を撮ったため食べかけになってしまいましたスンマセン。
店の雰囲気はとても素敵でした。少しピントがずれていますが、こんな雰囲気でした。

Photo_21 Photo_22

ベルギーで有名なビールは「アフリゲム」というビールで、当然ながら3杯は戴きました。おいしかったす!!

次の写真はベルギー二日目です。ダウンタウンに連れて行ってもらいました。昔の町並みが残っていてよかったですよ。料理を戴いたのはこのお店です。
食事の後、通りを散策しました。築地市場から持って来ましたって感じでお魚さんが並べられています。

Photo_23

ヨーロッパではジビエ(Gevier)といって野鳥、ウサギ、鹿などの野生動物のの料理が楽しめます。
因みにジビエと言ってもドイツ人には通じませんでした。フランス語だからだったのか発音が悪かった?ためでしょうが、ドイツ語では「WILD」(ヴィルド)と言うそうです。
英語ではワイルドなのにね。

このウサギさんは恐らくそのお店で食べられたのだろうと思います。
その晩はDe Koninck(デ・コニンク)というビールを戴きました。これもアフリゲムに負けず劣らぬおいしいビールでした。

Photo_26

ヨーロッパはどうしてビールがこんなにおいしいのでしょうかねー!!

ヨーロッパの街中には必ず市庁や教会があります。ブリュッセルにも美しい市庁が夜空に浮かび上がっていました。

Photo_24

Hanebashi

この写真は二日目に戴いた昼食時、川沿いのレストランで撮ったものです。ゴッホの描いた跳ね橋に似たつくりですが、残念ながら鉄骨製でした。
今も小さな川にはこのような跳ね橋があるのは驚きでした。
本社にはまた6月に行かねばならないような雰囲気になっています。
あんまり沢山は行きたくないのですがしょうがないですね。お仕事ですから・・・・

あとちょっとだけお仕事の写真をお見せします。これが本職というわけではありませんので(一応)

直径50cm、高さ30mの木を切っているところです。

Photo_25 Kiru_1

それでは。

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございますニャン

2007年が始まりましたニャー!

最近忙しくて更新する時間がありましぇんでしたニャン(^_^;)すいませんですた。

今年は昨年どおりではなくて、それ以上を目指したいとおもいますです。今のお仕事はとっても大変ですが今までの経験を駆使しながら頑張ります。

人生一度、何かしら難しいい事もありますがへこたれてる暇はありませんよ。

一歩一歩前進するしかないならそうするつもりでしゅ。自分で切り開ける人生なら切り開きましょう!困難や難しいことが嫌なら楽なほうへ流れるのが一番です。

もしそうしたいなら、人間いっくらでも楽できます。ダメ猫さんは一生懸命やってみますよ。皆さんもそうして生きてみたらどうかニャンとおもいますです。

7日から21日まで出張でドイツにおります。しばらくの間更新できませんがヨロピコ!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ