« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

会社人間最後の舵取り?

今日舵をきりましたニャン!会社人間として5回目の舵取りです。

前から思っていますが、人生1回。やってみたいことイッパイありますです。でも出来たらやってみたいですね。そういうわけで最後の人生の舵を今日きりました。

オオカミ猫は幸せだなと思います。好きなこと出来て。

土曜日に退職願を出して10月末をめどに新しい会社にお嫁入りします。今までとは違った畑です。園芸用機械とかチェーンソーを扱っています。今まで鉄を切ってきましたが、木に変るだけです(^^ゞ

もう火傷しなくていいんだよ。

どうなるか解りませんが、どうにかします!転職は出るエネルギーと入った後のエネルギーが必要だと言われますが、出るエネルギーはマイナス、入った後のエネルギーはプラスのイメージがあります。出来るだけマイナスのエネルギーを使わず早めにプラスのエネルギーに切り替える必要がありますね。(今までの経験から・・・)

歌にあるように「青春時代は後からほのぼの思うもの・・」かもしれませんね。今まだ青春時代真っ只中です。まだまだほのぼの思う余裕なんかありませんね~。

単身赴任になりますが、これも結構楽しいものでしょう。

2006年9月25日 (月)

ドイツの草は草でした

なんと申し上げましょうか・・・

先月末に出発し、9月1日に戻ってくるというCA(スッチー)の様なスケジュールでシュツッツガルトにいってきました。その後向こうのご都合により再度お呼び出しがあり、21日に出発24日に帰国という、またCAの様な出張?を致してまいりました。

両方とも往復のCAが同じでございまして・・・つまりCAは長距離勤務の場合、現地で2泊して帰路の業務に着くわけです。彼女達と一緒の飛行機で往復してきたわけで、必然的に体が壊れそうになるわけでございます。まあ時差ぼけはさほど激しくは無いのですが、それだけが救いです。

勿論仕事で行くわけですが、今回はシュツッツガルトで大きな展示会があるため前回とは違うホテルに泊まりました。往復はBA(英国航空)です。前回はアリタリアでした。

機内食を味見致しました。やっぱり、BAのほうが私には合うようです。でもビジネスクラスのシートに関して言えばアリタリアのタイプが良かったニャン!アリタリアは通常通り2列が基本で2席ともに前方を向いているのですが、BAは逆方向にくっついています。仕切りは大きな扇で出来ています。お隣のシートの人とは仕切られているものの扇を開けると左足先にお顔があるのですよ。またシートの半分は進行方向逆になるわけで、こんな経験は初めてでしたニャー(~_~)

経由地はロンドン、ヒースロー空港です。テレビでも「ヒースロー空港」という番組ありましたよね。見てましたか?だいぶ昔に出来た空港ですから、関空みたいに綺麗ではありませんし、機能的に配置されているとは思えませんでした。しかもテロ防止のためのチェックが厳しくて乗り継ぎ便の人で長蛇の列!機内持ち込み手荷物には液体が全く持ち込めません!香水、日本で買ったウイスキー、歯磨き用チューブなど全て没収されていました。かわいそうにね!重い思いして買って来たのにさ。因みにオオカミ猫はナーンニモ水気のものは無かったのでストレス無~し。ビジネスでよかったなと思ったのは、長蛇の列の横にファースト、ビジネス客専用ゲートがあったことですよ(^<^)

羨望のまなざしを受けながらオオカミ猫はX線を浴びたのでした。

Heathrow1 Heathrow2 エプロンへ続くフィンガーを渡りながらヒースローを撮りました。

いろんな航空機がありましたが、一応イギリスと言うことで英国航空の駐機している写真を撮りました。これがヒースローといわなければどこか解りませんよね・・・

今度宿泊したホテルです。お名前はRommelといいます。昔ロンメル将軍という方がいらっしゃいましたが、その方とはあまり関係はなさそうな瀟洒なたたずまいなホテルでした。

Rommle1 ほんとに小さなホテルで、画面右には道路に面してイタリアレストランが併設されてました。またイタリアンかよ!と思いました。

イタリアレストランの写真です。

Rommle2 翌晩、ここで3人のドイツ人達とお食事する羽目になりました(心の底からドイツ料理食えると思っていたのにさ--!!!

食事開始は6時30分でした。そのときは日も出ていて(25度位かな?)、気分良くバイセンビールを飲んでいたのですが、気がついたら9時。外気温は15度まで落ち、皆さん寒い寒いといいながら中のレストランへ移動。そこでまたビール!おいちかった。

Rommlel3 この写真はロンメルの右から夕方に撮ったものです。この後お食事が始まりまったよ。

左手前の草!草に注目してください。日本ではいわゆる猫じゃらしとかススキの仲間がうっそうと生い茂っているのが解りますか?

外国にしてはなんと手入れの悪いホテルだと思いつつ、近場の散策に出かけました。すると運良く庶民のスーパーを見つけることが出来ました。

いつも思うのですが、アメリカもヨーロッパも植物体系が日本と違うので面白いなと言うことですニャ。

Flower1 どうです?綺麗でしょ。日本にはこのタイプの花はあんまり見かけないですよね。こんな花が窓のいたるところに飾られているのです。

なんか日本とガーデニングについて凄く意識が違うなーって思う瞬間ですよね。そんなこと思いながら、先ほどのスーパーの入口で花を売っているのを見てビックリ!!

Kusa

どうです?これってどう見ても「草」しかもススキにそっくり!

Neko これなんかは猫じゃらしそのものじゃないですか!

こんな「草」が売られているのですよ。全く!

だから先ほどのホテルの庭は手入れをしていないのではなく、”手入れが行き届いた庭”と見るべきだったのですよね。なんか感覚が違うなーって思いましたニャー。

ふと目を遠くに移すと一面の山はブドウ畑なんです。空気も綺麗だし空は日本より青く澄んでいました。外国の家屋はやはりセンスが違いますよね。

Shigaichi 「草」を売っているスーパーの駐車場から見る一般民家です。

屋根は一般的にレンガ色。壁は白、黄色、茶色などでその組み合わせが美しいんだな、これが。

やはり2泊4日の(ほぼ日帰り)のドイツ出張ではホテルの周りを廻るツアーが精一杯な猫でした。そういえばドイツの猫さん達にはほとんどお目にかかりませんでしたね。ワンが多く、まあそれはそれでいいけどニャ。

やっぱり猫が好き!

2006年9月 8日 (金)

もう一度?

もう一度ドイツへ?

今月1日に帰ってきたばかりなのですが、先方がもう一度来て欲しいということでもう一度ドイツへ行くことになりまった。アー大変。

日程は前のと同じだから気分的には日帰りって感じニャン。

また会社ずる休みで・・・

本決まりかしらね、フフフ・・・

2006年9月 3日 (日)

映画見に行きました

今日は久しぶりに映画を見に行きました。

金曜日に帰ってから土曜日曜と2日間お休みがあって、ゆっくりとお休みすることが出来ましたニャン。奥様が映画でも見に行こうかと言うので、ワーナーマイカルに「花田少年史」というのがなんだか面白そうだということになり車で茅ヶ崎まで行き、回転寿司を食べてから劇場に行きました。猫ですから。

URL: http://www.warnermycal.com/movie/hanada_shonen.html

これが傑作でした!夏休みと日曜であったこともありますが、小学生位の子供がたくさん見に来ていました。

正直無条件で楽しめる面白い映画でした。須賀健太君主演で、篠原涼子、西村雅彦さんらが出演されてます。愉快なお化けが出るのですが、全編にわたり笑いと涙の連続でした。劇場の子供たちは笑いこけたり突っ込みを入れたりして結構のめりこんでいました。

初めの頃出てくる「猫」がいい仕事してます。初めはサザエさんが始まったのかと思うスタートですよ!

気晴らしに是非ご覧下さい。笑いますよ(*^_^*)

それでは今日はこれまでね。

2006年9月 2日 (土)

ドイツ出張報告ですニャン!

2泊4日のドイツ出張。行ってまりまった。

斎藤さんとRayさんにご報告しまーす。

まず初めに宿泊したホテルからご紹介すます。名前はクラッシックコングレスホテル。シュツッツガルトからタクシーで約30分、フェルバックというところにあります。周囲は閑静な住宅街と森林に囲まれた静かな所にありました。

タクシー代は大体¥6,000位でした。ドイツのタクシーは礼儀正しく、アメリカの粗野な感じは全くありません。おまけに全てメルセデスベンツ。そうそう、途中にベンツの本社があります。シュツッツガルトはベンツの本社があるところなんです。

Photo_4  正面玄関を右手から撮影してます。チェックインしたのは夜10時でしたので、この写真は帰る日の朝撮ったものです(^^ゞ向かって右側に路面電車が走ってます。これでシュツッツガルト市内に20分で行けます。運賃はユーロ2.20(¥330)です。

Photo_5 ホテル正面を背に右を見たところです。屋外テーブルの椅子の上にうっかりわたすのブリーフケースを置き忘れたまま写真を撮ってしまいますた(>_<)

外気温は雨も降ったせいもありますが、日中で16度。ちょいと寒いかなって感じでした。日が出ると22度くらいでしたが、湿度が日本より低い感じがしましたニャン。

831 

ホテル目の前に止る路面電車。通称「U」と呼ばれる電車で、系統U1です。自販機で切符を買うのですが、検札が居ないので降りるときはタダ。つまり悪いことをしようとすれば無賃乗車が簡単にできるのニャン!

U1 車内はすいてますた。とーってもキュート!(猫には珍しくかわいらしい表現っす)乗り方やチケットの買い方がよく解らなかったので、プラットホームに居たかわいい女の子に聞きました。猫流アプローチってとこですか。決して下心が(ちょっと)あった訳ではありませんが・・・・

Photo_6 電車に乗ってついたところはシャーロッテンプラッツという駅。雨上がりでしっとりした雰囲気ですた。近くにケーニッヒシュトラッセ(王様通)があるので結構な人が出ていますた。こうゆう時はスリに注意しなきゃね!

訪問した会社の人に美味しいドイツビールと料理を戴けるお店を紹介していただきました。それがここにあるといわれたので一匹のこのこと電車に乗ってやってきたわけです。お店の名前は[Calwer Eck」(カルバーエック」というお店でした。

Steinhauser 信じて欲しいのですが、戴いたのはこの写真にあるホワイトソーセージ2本とご覧の300ccビール3種類だけですよ。アイスバインという豚のすね肉料理が美味しいのは知っていますが、それを戴くと豚さんになって、日本に帰ったら奥様に家に入れてもらえなくなるのです^_^;

Photo_7 お店の中の雰囲気はこんな感じ。

既に7時を廻っているのに外はまだ明るい。9時ごろから暗くなるのですよヨーロッパは。昔ノルウェーに行ったときも10時くらいまで明るかったです。因みに「白夜」とは現地で英語でなんと言うのか聞いたことがありました。すると「そんな言葉は無い。これがここではふつうだから・・・」ナルホド!

8 

お土産買っておなか一杯になってホテルに戻ってきました。大体8時だったかな。それでもまだこの明るさ。夜遊びしてしまう猫でした。

仕事を終え、現地時間で8月31日朝、ミラノに向けて出発しました。言い忘れてましたが、日本からはフランクフルト経由ではなくイタリアミラノ経由でシュツッツガルトに入りました。イタリアは始めての訪問でした。と言っても空港(ミラノ、マルペンサ国際空港)だけですけど。ファッションのミラノをイメージしていたのですが、やはり空港の中は他の空港と大差なかったです(~_~;)

45_1 シュツッツガルトからミラノまでは小型機(45人乗り)で向かいます。一応ジェットです。旅の往復はアリタリア航空を使いました。アリタリアは初めて使う航空会社でした。日本ーミラノの機内食は勿論イタリア料理のフルコース(ビジネスクラスでしたから、へへへ・・・)

Photo_8 この写真はシュツッツガルトからミラノに向かう途中です。ドイツとイタリアの境にはスイスアルプス連峰が横たわっています。丁度アルプス越えをしているときの写真です。眼下にスイスアルプスを望むことが出来ます。結構気持ちいいでしたニャー!

Photo_9 いよいよ帰国便。ミラノで散々ウィンドウショッピングした後ミラノを後にしました。写真は機内食の昼食。Meet or Fish?でお魚を選ばせて頂きました。猫ですから。一言「まずい!」

その後、ジェラートがでましたよ。

Photo_10 出てきたのを見てビックリマン!いわゆるイタリアンジェラートを想像していたのですが・・・

イチゴと栗のジェラートでした。コチコチに凍っています。イチゴと栗のナカをくり貫いて(しゃれじゃないよ)それぞれのジェラートが入っています。パカッと二つに割ってから戴くのですが、イチゴは結局全て食べられます。栗はやはり皮を残したほうがベターです。

あんなこんなで昨日午前10時に成田に帰ってきますた。短い出張でしたが、今後ダメ猫の将来に関る出張。十分に楽しんできますた。

楽しかったな~(^_^)v

それじゃまた。皆しゃまのご感想をいただけましたら幸いっすニャン。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ