« 紅要黐(べにかなめもち) | トップページ | みなさんの悩みこれで解決です(^_^)v »

2006年3月28日 (火)

不思議な体験・・・

人は世界に3人同じ顔を持つ人間がいると言われています。

こんな話知ってますか?

でも・・・でも、もし隣にあなたと同じ顔の人が居たら正直どう感じるでしょうか? 「あー、そっくり」とか「へー」とか、普通に思えると思いますか。よーく考えてみてください。

ゴンベエこと私は1回体験したことがあります。恐怖を感じました。

私が名古屋に住んでいたときの話です。新婚当時、長年欲しいと思っていたコロナハードトップを購入し妻と休みにドライブに出かけました。土曜の昼下がりで道はすいていました。新車を快適に飛ばしながら信号が赤になったところでブレーキをゆっくり踏んで停車しました。

後ろから僕のコロナと全く同じ車が着いてきたのは知っていました。その車が左にゆっくりと停車しました。同じ車なので何とはなしに「おんなじセンスを持った人なんだね」と妻に言いながら視線を左に向けました。

そこに居たのは僕でした。

同じ車に乗った僕がそこに居たのです。妻もその人を見てビックリ!「あなたが乗ってる!」といったくらいです。

僕は背筋がゾクっとし本当に恐怖を感じました。今思えばもう少し観察すればよかったのかもしれません。信号が青に変るまでなんと時間が長く感じたことでしょう。じっとまっすぐ正面を見続けました。信号が青になってあわててアクセルを踏み込みました。

ルームミラーに写る「僕」はどんどん小さくなってゆきました。

たったそれだけのことでした。そのとき以来「僕」には会っていません。

ところが、この話はこれで終わりではなかったのです・・・

この仕事をするようになって4年が経とうとしています。出張も多いのでいろいろな所に行くチャンスがありますが、名古屋と香川県での話です。

初めて会った「僕」は、まだ名古屋近辺に住んでいるらしいのです。おそらく。

香川県にある金毘羅様に行った時の事です。僕は生まれは香川県高松市です。しかし幼稚園を卒園すると同時に東京へ引っ越したので、金毘羅様に来たのは小さいときに両親に連れてこられたとき以来2度目ということになります。

レンタカーを借り、金毘羅様のふもとに到着後900段を超える階段を登ろうと思いました。観光地はどこでもそうですが、近いところの有料駐車場は時間単価が高いのです。それでいくつかの駐車場を探しましたが、やはり近いところが便利かと思い直し最も近かった駐車場に停めることにしました。

無事に金毘羅様詣でが終わり、へとへとになって駐車場に戻ってきました。駐車時間を少しでも短くしようとセコイ考えもあり、結構頑張ったため疲労困憊気味でした。駐車料を払おうとしたら徴収係のおじさんが寄ってきました。すると・・・

「あんた、よく来てくれるね。毎回利用してくれてるから半額でいいよ、ハハハ」

一体もう一人の僕は何回金毘羅様にお参りに来ているのでしょうか?

名古屋に出張したときの事です。

いつも夜は一人でぶらぶら飲み食いするのが好きで、夜の街をさ迷い歩いています。

ふと今夜はチンケナ小さい飲み屋を見つけました。名古屋駅のすぐ目と鼻の先なのになんでこんな小さな店があるのだろうと思いましたが、結構こういう店がおいしいこともあるからなどと思って暖簾をくぐりました。

壁にかかった短冊型のメニューは普通のメニューながらやはり安い!お通しをカウンター越しに出してくれたおじさんが一言。

「久しぶりだね、お兄さん。仕事が忙しいかい?」僕はビックリ。初めて来たお店で、初めてあったおじさんから言われたんですから。

適当に相槌を打ちいろいろ話をしながら、適当に料理とお酒を頼みました。

「今日はこの魚焼いたんだけどサービスするよ」などと何皿かただでいただきました。

小一時間ほど飲んで、おじさんにお勘定をお願いしました。

「おにいさん久しぶりだから安くしておくから」と言われ、半額にしてくれました。

もう一人の僕は無事に成長しているようです。そして僕と同じ行動をしているようです。

いずれまたどこかで「僕」に会えればいいなと思います。彼も幸せな生活を送っていてくれればいいなと思います。今度会ったときは是非今までの人生を語り合いたいとなと思います。そして伝えたい。

あなたのお陰で、僕はトクすることが出来てます。ありがとう。と

皆さんももし、「自分」に会えるときがあったら是非話しかけてみませんか。怖がらずに。

« 紅要黐(べにかなめもち) | トップページ | みなさんの悩みこれで解決です(^_^)v »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆彡 ゴンベエさま☆彡

もし。。
《私》に、、合ったとしたら。。と 考えました

ゴンベエさん同様に、恐怖を感じて

その恐怖のキモチのまま
何も。。語りかけることなく

後になってから
《何か声をかければよかった》。。って 後悔しそうです


一番最初にお会いになったとき
助手席とか 後ろの座席は?。。空白だったのでしょうか?

先方の《僕》のかたのご家族のことも
。。知りたくなりますね

ゴンベエさんのお陰で
先方の《僕》もお得なことを経験していらっしゃったりして♪


行動などが似ていらっしゃったりするのなら
。。ブログの世界でお会いになれるかも?
。。ですね(^^)

ご縁あるかたとは きっとまた めぐりあえると思います☆彡

光と。。風のように。。

Rayさんいらっしゃいませ。

やはり怖いと思われますか。やっぱりそうですよね。必ずそういう時が来ると思います。
その時にビックリして後悔しないように心の準備をされておかれるようにお勧めします。

そうそう、もう一人の「僕」の助手席には彼女が座っていました。顔ははっきり覚えていませんが、彼女もビックリした後に笑われていたと記憶しています。ハイ(^^♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/55885/1197060

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な体験・・・:

« 紅要黐(べにかなめもち) | トップページ | みなさんの悩みこれで解決です(^_^)v »

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ